« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

夏のヌーヴォー

Dsc_4878wここ数年ボジョレヌーヴォーの時に必ず夏に少し冷やして飲めるワインを買ってある。
秋には少し物足りない感もあるのだが、夏に少し熟成されて軽く冷やすと実に美味しい。
三浦で購入した坊ちゃんカボチャとラザニアで。
Dsc_4880w Dsc_4882w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑かった時のワイン

梅雨明けの夏らしい暑さは、とテレビで言っていたが、つい数日前は猛暑だった。
その時は夕食時に火を使う料理もしたくなかったので、ピザで。シャルドネ。
Dsc_4873sDsc_4875s

ちょうど飲み頃という感じ。国産ワインだが3日間美味しくいただいた。2日目のお刺身にも幸せ気分で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昏迷中、マヌカハニー

果たして不良品なのかも定かではありませんが、以前から推奨していたので、お知らせしておこうと思います。
記事にもしていますが、確かに良い効果があるように思います。しかし、人気が出て?円安もあって?だんだんと高価になってしまうので、比べて購入していましたが。

359sh

iHerbで4月に購入したマヌカ。3点のうち1点を開けたらカビ?のような感じが。早々にメールでこの写真を添付し対応を伺っていたら、返金の返信。

まぁいいんだけど、本来なら商品を返品して調査をするのが本当なのでしょうが、2度目のメール「口に入る物なので、その対応でもよいのかと」そうしたら返信が「結晶なので問題ない」との事。

ハチミツの結晶についても調べてみました。「結晶あれこれ

いろいろ調べると結晶は14度以下で出来るとか、この時期30度以上の気温。一度結晶ができても溶けるような温度なのでは?

まだ表面をすくってもなく、味もみていませんが、自分なりに調査中です。

殺菌力が強いといわれているので、ねぇ。

何かあっても問い合わせができる

mariri New Zealand がいいのかしら。とちょっと困った状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY8日目 帰るよ!

最終日です。初めての事なのですが、飛行機が夕方18時発。ですので、JFKへ向かう前に行ってみたかったCIAへ。政府機関のCIAではなく料理学校。以前ナパでも行った事がありましたが、NYの敷地は大きくてカフェもあるという事なので。
P1030337c
P1030339c
こちらはイタリアンレストラン。予約がなかなか取れないとか。



P1030341c 午前中からワインのクラスを行っていました。












P1030346c お菓子の教室。ここで作っていたケーキを後でいただきました。





P1030352cブッフェの取り分けの授業もしていたり、あの料理は誰が食べるのだろうと、生徒で試食してたら太っちゃいそう。
P1030353c
ハドソンリバーを眺める校舎。お天気が良ければ気持ち良いでしょうに。




P1030355c
Img_0493k
カフェでひさしぶりに美味しいコーヒーでいただきました。見学中に手前のケーキをコーティングしていたので、食べたくなってしまった。

そしてベーグルとブラウニーを持ち帰る事にしてJFKヘ。
飛行機は少し遅れて飛びましたが到着は時間通り。だが、注意しないといけない、帰りの成田EXが最終でこれまた飛び乗り。本当にギリギリ。行きも帰りもJRにはハラハラの旅でした。

Img_0510o
ニャンズのお土産。
お気に入りはワインボトル型のキャットニップのおもちゃでした。
派手な物はダメみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY7日目

P1030320r今回は短い滞在です。ロチェスターのホテルを後にしてまたシティーを目指します。昨年はロチェスターの空港から帰れたのですが、今回はツアーを延泊状態なのでJFKへ戻らなくてはいけないのです。
P1030317r ちょっと雲行きが怪しいです。ニューヨークの首都オールバニ(Albany)へまずは向かいます。旦那は行った事があって小さな町だと言っていますが、行ってみようという事に。 やはり雨がすごい。町もえっ!とい感じの寂しい感じの町。なので車を停める場所もなかなかなかったので、町を一回りしてハドソンリバーのワイナリーへ。
P1030323w Img_0461w

白ワインが甲州に近くてちょっと驚き。店主ともその話しになり、寿司などで合わせてみては。と会話もはずみました。
P1030331h
ホテルは中間のニューバーグ。
飛行場もあるのでショッピングモールもあって買い物に便利。
近所のスーパーで夕食を買ってホテルでワインとチーズで最後の晩餐です。


P1030324h お天気が良ければ気持ち良い場所なのですが。
P1030332h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY6日目

お天気に恵まれています。やはりワイナリー巡りです。前回主立った場所へ行っているので、今回は家族経営とエチケットに惹かれてで数カ所に。
P1030290w
カフェもある大手。値段の高い物はやはり美味しい。
P1030296w こちらも良い場所にあります。
P1030293w
P1030295w 手作りのお土産物もあって楽しい場所でした。
P1030299w 家族経営で我が家向きの良い雰囲気。特徴があるワインがなかなか良かった。
P1030306w
P1030308w ここも美味しいワインがあったけれどちょっと高いかな。
P1030309w
やはり前回と同じでカベルネフランが美味しい。そして少しねかせると美味しくなりそうなワインが多かったです。なので試飲して買いたいと思うワインはヴィンテージが古いちょっとお高目の物になってしまうので、今回は3本購入して1本夕食に。
P1030311w P1030312w

P1030315w これにチェリーやイチゴにメロンなどなど。
P1030316c チーズもワインもすすみます。
町はジャズフェスティバルなのでブラブラと。フリーコンサートの女性はイマイチだったのでアイスクリーム屋さんで学生の演奏を聞きながら大きなアイスを。
カフェでもおじさんバンドが。
Img_0734p 昨年も行っていた60×60の中でアートを。
いろいろな表現の仕方があって楽しい。

Img_0457p






あっホテルに泊っている新婚さんの車です。
Img_0732s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY5日目

さあ今回の旅行の目的満載の1日です。
まずは昨年も行ったフィンガーレイクのワイナリーでのチェリー祭り。
P1030257c が、が、木にチェリーがない! かなり奥の高い位置にあるだけで前回のようにバケツ一杯まで取る事も食べる事も出来ず。
P1030250c 去年は雨で人出が少なかったからか、またはチェリーの出来が悪いのか。
手を伸ばし枝を下げて数個食べてみたが、イマイチの様子。なので、早々に退散です。
P1030255c 試飲もしないのは珍しいが、人も多かったし、午前中でまだその気分でもなかったので、農場のチェリー摘みを目指す事に。
道すがらチーズ屋さんへ。
P1030260c ここでチーズの試食。どれも美味しくて沢山買いたかったが今回のホテルは冷蔵庫がないので2つ購入。
P1030258c あなたのおかげよ。P1030261c







地元のスパーでこの後も手に入らないかもしれないのでチェリーを購入。
いざ農場へ。が、、やはりチェリーは1週間遅れだとか。イチゴが美味しそうだったのでひとカゴ買ってスーパーへ夕食の買い出しに。
P1030263g おそらくすごい人になるだろうと前日の人出を見て予想していたので、夕食持参で場所取り。1つ目のトリオの演奏を観て。予想通り大きなおじさん、おばさん達が前の方で踊り始めるともう何も見えず。最前列というか、柵にピッタリ密着状態で
コレが目的のjoncleary
P1030267j
Img_0686j いやー来た甲斐がありました。最高の気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY4日目

今回マンハッタン滞在は短く、レンタカーを借りてまたまたロチェスターへ。そして同じルートでウッドベリーのアウトレットへ寄り道お買い物。
昨年はまだ工事中で駐車場も少なかったが、立体駐車場も出来、売り場も広くなり、現在も拡張中。
Img_0409b お昼は中にできたSHAKE SHACKで。日本では行列だとか。
シャツなど買って長距離ドライブ。
ロチェスターのホテルへ着くとなんとエントランスで生演奏。ジャズフェスティバル初日ですので。
P1030249h 最上階の明かりがついている所がお部屋です。ですので部屋に居ても音楽が心地よい。
P1030243h こんな色の壁紙は日本ではないでしょ。
P1030246h 洗面所は小さくて可愛い。部屋はやたら広いのにね。


P1030248h






P1030269h 古くて格式のある感じのいわゆる宴会場です。結婚式も多いみたいで宿泊中にも新婚さんの風船乗せた車が。
P1030272h
P1030277h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY3日目

ゆっくりと観光できる1日です。久しぶりに単独行動。旅行前に情報収集をしていて行きた〜いと思っていたメトロポリタンミュージアムでの「Manus x Machina: Fashion in an age of technology」20世紀初頭のシャネル、ヴィトン、ディオール、プラダなどなど、そして現代の3Dを使ったものまで。170作品もの傑作デザインのドレスを集めた展示会。
Img_0347m 開館30分前に到着しましたがすでに行列。でも最初に入ったので学生などがワイワイしない中でじっくり眺められました。
Img_0360m Img_0381m

                         日本人の作品も。
Img_0387m P1030117m

Img_0390m_2
Img_0391m_2 三宅一生の作品はたたむと平面な着物の日本の美を感じさせられます。大好きです。




Img_0397m P1030123m P1030147m

P1030148m P1030157m

何度も来ている美術館なのですが、すごく有名な作品も沢山。でも沢山あり過ぎて、ガラスもない触れるような状態でドンドン出てくるので、本物?って思ってしまいます。

P1030200m あらっ、ここにあったの?近代美術館の方かと思っていました。

P1030201m 現代アートも。UFOの写真を展示。

P1030214m

P1030215mP1030217m

日本だと延々と並んでチラリなのに。

EATALY で待ち合わせをしてImg_0640e ソーホー散歩からチェルシーマーケットでクラムチャウダーとワインをゲット。

Img_0648m またまたEATALYへ戻って、夕食のペンネを調理してもらい、ケーキも購入。

P1030225e

P1030228w P1030226wP1030227w

ワインはワシントン州ワラワラのワイナリー。懐かしい味。

Img_0650e ホテルで美味しいワインとご飯、デザート、夜景を眺めて贅沢な夕食。今回もワイングラス持参です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY2日目

ちょこっと仕事をして、取引先の豪邸の近くでお昼をごちそうになる事に。
家へ行く前に小さなお店が並ぶ可愛い場所へ。そこのケーキ屋さんでクッキーを買ってくれました。
Img_0318cImg_0617c

大きなアメリカらしいクッキーでしたが、美味しかった。
バーで一杯アルコールを。そしてクラムチャウダーも頂き、昨年も伺った豪邸へ。
まだまだ手を入れての改装中ですが、だいぶ出来上がってきていました。日本だったらおそらく1/3の日数だろうに。
Img_0327w ワンコも覚えていてくれた。
P1030115b 海の入り江と豪邸を眺めながら新鮮な貝を。
Img_0346y 夕飯は友人と会ってホテル近所のスポーツバーのようなレストランで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もニューヨークへ

毎年恒例となったこの時期のニューヨーク。時期をずらしても良かったのだが、昨年のアメリカンチェリーの収穫と観たいバンドの公演が重なり決断。
Img_0310o こちらも恒例、成田EXでのシュウマイ弁当。横浜を過ぎホッと一息してお昼。食べ終わったと同時に電車が止まり、汗coldsweats02。新川崎で人身事故で止まってしまった。1時間弱なら飛行機にもどうにか間に合うかと構えていたら30分ほどで電車が動きホッ、が!品川で止まり先は動かないとか、、大騒ぎで京成線に乗り換え。電車に乗り馴れない我が家はあたふたと駅員さんに一番早く着く電車を教えてもらいどうにか成田へ。事前に航空会社へも電話を入れておいたので、受付もさっさと済ませ、出国も毎回自動ゲートなので、搭乗に間に合いました。
Img_0312h 旅行では必ず問題発覚するので、今回はコレかと。
定刻でNY到着。さてさてここでも入国に長〜い列。以前も2時間待ちがあったがここまで長い列は、、、やっと入国を終え、地下鉄でホテルへ向かいます。
JFKからの地下鉄って2度改札を通って、訳が分からないのよねぇー。そして地下鉄の駅に降りるのに小さなエレベーターしかなくてその前で沢山の人だかり。いったいいつになったらホームまでたどり着けるのか。そして地下鉄のチケットの販売機の前もすごい人。
そしたら警備の人が「切符買わないでいいから通れ」とどんどん人を入れてくれました。
観光の町なのに全くスムーズじゃないが、この好い加減さで救われる。
Img_0609h 今回のホテルはロングアイランドの真新しいマリオット。廻りに何もなくて工事中のビルばかりですが、地下鉄の駅も近いし、スタバも入っているので快適。
P1030095h P1030097h

一応マンハッタンビューなのですが、目の前は工事中でチラリの眺め。でも最上階で気分が良いです。
夕飯にマンハッタンヘ。お決まりのステイション写真
P1030101s そこから2ブロックほど歩いたメキシカンで1日目の夕食です。
Img_0313m Img_0613m

はー長い1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »